2013年11月、システィーナ礼拝堂500年祭記念ミケランジェロ展は大混雑

国立西洋美術館へ2013年11月、ミケランジェロ展へ行きました。

今回の展示は、ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティの出品作品のうち半数以上が日本初公開という触れ込みでした。

入り口看板案内にもある「キリストの磔刑」も実物は小さかったですが、インパクトがありました。

ミケランジェロ展

ミケランジェロ・ブオナローティ

ミケランジェロの絵画のほかに、手紙や図面なども展示されていました。さらには、ミケランジェロの住居もテーマとしてされていました。

なお、ミケランジェロは建築の分野でも才能を発揮して、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の建築監督に任ぜられています。

pa099e

個人的には、ミケランジェロといえばピエタです。

会場・会期・料金

ミケランジェロ展の会期・料金はこちらです。

  • タイトル:システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展―天才の軌跡
  • 会場:国立西洋美術館
  • 会期:2013年9月6日~11月17日
  • 料金:一般1,400円

ちなみに、入場者数は220,144人とのことでした。20万人超えとはさすがです。