ピクト図解とビジネスモデルキャンバスのワークショップに参加


麹町のKDDIウェブコミュニケーションズで開催されたワークショップに参加しました。
 
そのテーマは、ピクト図解とビジネスモデルキャンバスで、ピクト図解とビジネスモデルキャンバスを駆使して、ビジネス理解してアイデア発想をしましょうというものでした。
 

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスは9つの要素の枠があり、埋めていくことで視覚的に理解することができるフレームワークです。
 
ビジネスモデルキャンバスの9つの要素は、顧客・顧客との関係・チャネル・価値提案・主要活動・リソース・サプライヤー・収益の流れ・コスト構造、からなります。
 

サーモスを主体にビジネスモデルキャンバスを

ビジネスモデルキャンバスは、セブンイレブンで販売されたマイボトルドリンク・ドロップを例にしました。
 
サーモス、セブンイレブン、サントリーというサプライヤーのうち、サーモスを主体にビジネスモデルキャンバスを書いていきました。
 
ビジネスモデルキャンバス
 
なお、ビジネスモデルとは、顧客に満足を、企業に利益をもたらす仕組みとのことで、ビジネスモデルキャンバスには、すべてをあげることは大切ではなく、重要なものを早くあげていくことが大切とのことでした。
 
キャンパスの使い方としては、右側がニーズ中心(顧客から)で、左側がシーズ中心(リソースから)とのことでした。
 

ピクト図解とは

ピクト図解とは、ヒト・モノ・個人・法人に、販売・支払という関係を図解するメソッドです。ビジネスとは交換を意味する立場にたってピクト図解を表現します。
 
ピクト図解の基本ルール
 
ピクト図解の8つのモデル
 
そしてピクト図解は、3W1Hが基本ルールとのことです。
 
誰が(Who)、誰に(Whom)、何を(What)、いくらで(Howmuch) をピクト図解で表現するのです。
 

ピクト図解を書く

ビジネスモデルキャンバスをもとに、マイボトルドリンク・ドロップのピクト図解を書いていきました。
 
ちなみに、ピクト図解では販売の矢じりと支払の矢じりは形が違うというアドバイスを受けました。
 
ピクト図解
 
文章で書かれるよりも、ピクト図解で表現した方が、ビジネスを理解しやすくなり、クライアントと対話が円滑になるというメリットがあるとのことでした。
 

まとめ・感想

クライアントと対話するとき、ビジネスモデルキャンバスとピクト図解を活用すれば、クライアントのビジネスを理解しやすくなり、また、クライアントへの説明もしやすくなるので、おすすめです。