サービス立案などで使うUX手法の代表例5つ

サービスの立案などを円滑にすすめるために様々なUX手法が活用されています。ここでは、ユーザを分析する代表的なUX手法を5つ列挙します。

  • ペルソナ
  • ストーリーボード
  • メンタルモデル
  • ユーザーシナリオ
  • ユーザーインタビュー

ペルソナとは

ペルソナとは、提供サービスの対象とするユーザの架空の人物像です。
 
性別・年齢や性格など具体的な人物像を用意することで、サイト立ち上げやサイト改善などで具体的なイメージがしやすくなります。
 

ストーリーボードとは

ストーリーボードとは、アイデアや目標をビジュアルで表現したカードなどを並べてアイデアをまとめていくことです。
 
アイデアや目標をビジュアルで表現したカードなどを並び替えながら試す中で矛盾点などが明らかになり克服していくことで、アイデアがまとまりやすくなります。
 

メンタルモデルとは

メンタルモデルとは、商品購入などの目的に達するまでのユーザーの動機や感情などを水平線をベースに表現することです。
 
メンタルモデルを作ることで、個人とビジネスとのギャップが明確になり、サービスをよりよくすることができるようになります。
 

ユーザーシナリオとは

ユーザーシナリオとは、ユーザー行動の流れを表現することです。
 
ユーザー行動の流れをもとに、ユーザー行動に合致した施策を考えることです。
 

ユーザーインタビューとは

ユーザーインタビューとは、利用シーンや現状の不満など実際にユーザにインタビューすることです。
 
ユーザインタビューをすることで、利用するユーザーの具体的な活動内容を調査することができます。そこから気付きを得ることができます。
 

まとめ

UXを活用することで、ユーザーを具体的に分析しやすくなり、作業効率が向上するメリットがあります。
 
上記5つのUX手法やその他の手法の特性を理解したうえで、それぞれのプロジェクトに適したUXを選択して組み合わせて活用することが重要です。