EFOの重要性と典型例はこちら

ECサイトならば、商品購入するときに、入力ページ、確認ページ、完了ページと進むわけですが、完了ページに行く前に、ユーザが離脱しないようにすることが重要な施策です。
 
ちなみに、商品購入、資料請求、会員登録など完了ページに到達することをコンバージョンといいます。
 

EFOとは

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォームをユーザが入力しやすいように最適化することです。離脱率の低下、コンバージョン率の増加を図るのが、EFOです。
 
Webサイトでは、サイトへの訪問数を増やすことも重要ですが、コンバージョンを増加させることが最も重要といえます。そのため、EFOは重要といえます。
 

EFOの典型例

EFOの典型例はこちらになります。
 

  • 郵便番号を入力すると、住所が自動入力
  • 電話番号は半角数字のみで入力可能
  • 文字入力ではなく、プルダウンで選択
  • 必須項目か任意項目かを明示
  • 入力エラー時は赤色背景やメッセージ表示
  • ボタンを分かりやすく
  • 入力項目を減らす

 
サイトにとって本当に入力が必要な項目が何か、どうしたら入力しやすいか検討することが必要です。
 

EFOの進め方

EFOをするときには、各画面、各項目の入力データの定量分析をメインに、想定するユーザ像をもとにした定性分析を組み合わせます。
 
そして、実施するEFOの内容を決めていき、実施後は、成果があったかをチェックをしていきます。
  

まとめ・感想

商品やコンテンツの入れ替えといった他の施策よりもEFOは実施しやすく、成果に直結する箇所への施策ともいえるので、EFOは優先的に実施すべき施策ともいえます。