世田谷のボロ市に行ったら2時間待ち

世田谷のボロ市に、2013年12月15日の日曜に行ってきました。とにかく大混雑でした。
 
三軒茶屋から世田谷線の路面電車に乗って世田谷駅で降りてボロ市まで歩いて行きました。路面電車に乗る時点で満員なので、人の流れについていけば迷子になりません。
 
ボロ市の通りは、人、ひと、ヒトです。

 
ボロ市
 

露店と代官餅

露店先にたどり着くのも一苦労です。来ている人は60歳を超える感じが多数です。ファミリーもまばらでカップルはあまりいなくて多少場違い感がありました。
 
露店で売られているものは、食器、置物、骨董品、ハンドメイド、服がほとんどで、ちょっとだけ食べ物がありました。あと甘酒も。
 
そして
 
ボロ市における一番の混雑ポイントは、代官餅です。
 
販売会場があるので14時ころに立ち寄ったら2時間待ちでした。さすがに並ばずに通り過ぎました。
 
代官餅の味は3種類です。あんこ、きなこ、からみ(大根おろし)です。あと、味なしもあるようです。お値段は、丸めた餅6個入りで600円です。
 

ボロ市とは

ちなみに、ボロ市とは、400年以上の歴史があり、約700店の露天が並ぶ世田谷の伝統行事です。最初は古着や古道具など農産物等を持ち寄ったことから「ボロ市」という名前がついたとされています。
 
毎年1月15・16日、12月15・16日の4日間世田谷駅付近で開催されています。