根津の鷹匠の鴨せいろは、鴨つくねが入っている


根津で、根津神社の近くにある蕎麦屋の鷹匠へ行きました。
 
ちょうど根津神社でつつじまつりが開催されていたので、鷹匠の店先には行列ができていまいした。
 
1時間ほど待って入ったお店の中は、カウンターが4席、お座敷が3列ほどで、白基調の部屋でした。
 

鴨せいろを注文

私は、鴨せいろを注文しました。
 
そばは、通常のせいろか、田舎そばで太目でもちもちの深山から選択できるのですが、深山はすでに売り切れとのことで、そばはせいろの一択でした。
 
鷹匠の鴨せいろ
 
せいろとはいえど、かみごたえのあるそばで美味しかったです。
 
そして、鴨汁は甘くてコクがありました。
 
あと、鴨汁には、鴨肉のほかに鴨つくねが入っていました。鴨つくねは、ぱっと見はハンバーグで、最初は何が入っているかと思いました。
 

鷹匠の入り口

鷹匠の入り口は和風に洒落た入り口でした。
 
鷹匠の看板
 
鷹匠の入り口の看板が右から書かれていました。
 
そのため、参考にしたガイド地図には鷹匠ではなく、匠鷹と書いてありました。
 

鷹匠の地図

鷹匠の場所はこちらです。
 

東京都文京区根津2丁目32−8