SEOの外部対策で中身のないリンクを大量に貼ると検索順位を大きく落とすことに


SEOの外部対策では、注意しなければならない点があります。
 
他サイトにリンクを貼ってもらうのはむずかしいので、リンク販売業者を利用することがあります。ざっくり言えば、お金でなんとかしようということです。
 

外部対策の注意点

リンク販売業者はたくさんサイトを作って持っているのですが、悪質なリンク販売業者の場合は中身のないサイト、自分の会社のサイトと内容が関係ないサイトから手っ取り早くリンクを貼るのです。
 
こういった場合、Googleに検索結果を不正操作と判断されて、検索結果の順位を落とすというアクションを取ることがあります。
 
通常、これを「ペナルティを受ける」といいます。
 

Googleからのペナルティ

Googleはペナルティを与える場合、通常、ウェブマスターツールで、その旨の警告が表示されます。
 
そのため、ウェブマスターツールを定期的にチェックすることも重要です。
 

まとめ・感想

古い情報や悪質なリンク販売業者からの話では、外部対策とは大量にリンクを貼ることとあるかもしれませんが、そういう場合、Googleからペナルティを受ける可能性があります。
 
中身のないリンクを大量に貼るとGoogleからペナルティを受けて検索順位を大きく落とすことになるので、外部対策を実施するときにはペナルティを受けないように注意する必要があります。