1:5の法則と5:25の法則では既存の顧客を大事にする

Webマーケティングに限らず、マーケティング全般でよく言われる法則があります。
 
それは、1:5の法則と5:25の法則です。
 
1:5の法則と5:25の法則のどちらも既存の顧客を重視しなければならないということを示した法則です。
 

1:5の法則とは

1:5の法則とは、新規顧客に商品を販売するためには、既存の顧客に商品を販売する時の5倍のコストが必要になる、という経験則です。
 
理由としては、既存の顧客の場合は、商品説明が不要となる、何度も再購入する、といった点などが挙げられます。
 

5:25の法則とは

5:25の法則とは、既存の顧客が離れることが5%改善されると、利益率は25%改善される、という経験則です。
 
理由としては、1:5の法則の理由以外に、既存顧客は新たな顧客を紹介することもあるといった点などが挙げられます。
 

まとめ・感想

1:5の法則にしろ、5:25の法則にしろ、既存の顧客を大事にしようということです。
 
WEBサイトではABテストやアクセス解析などの定量分析及び行動観察などの定性分析が当然になっているといえます。既存の顧客を離れないようにするために、ABテストを繰り返してEFOを実施したり、アクセス解析を行ってUI改善したりしていくことになります。