安井金比羅宮は縁切り神社で有名

京都で縁切り神社といえば、安井金比羅宮が有名です。正確にいえば、悪縁を切り、良縁を結ぶ神社なのですが、この安井金比羅宮に参拝した人が書いて貼るお札や絵馬に書かれている言葉が過激なので有名です。
 

縁切り縁結び碑

お札を貼るのが縁切り縁結び碑(いし)です。
 
縁切り縁結び碑
 
形代(かたしろ)と呼ばれるお札に願い事を書いて、縁切り縁結び碑(いし)を表から裏へとくぐることで悪縁を切ることができます。そして、次に裏から表にくぐることで良縁を願うのです。
 

絵馬も過激

安井金比羅宮へ足を運んで見てみると想像を超える過激さでした。
 
絵馬の場所
 
絵馬
 
お札も絵馬も願い事といえばそうなのですが、特定の相手の不幸を単刀直入な言葉で願うのがほとんど、そして、実名を書いているのがほとんどでした。100個に1個より少ない割合で、「病気と縁がきれますように」という良識的なものも見かけました。
 

安井金比羅宮の時間・地図

神社なので終日参拝できますが、絵馬等の授与所は午前9時から午後5時30分までとのことです。
 
安井金比羅宮の場所はこちらです。