インフォグラフィックスをハンズオン、縦長ページで発表はペースがつかみづらかった

2015年3月1日、Code For Japanの「第10回Brigadeワークショップ/インフォグラフィックスをハンズオンで学ぶ!」に参加しました。
 
会場はドリコムでした。JR目黒駅から南へ5分ほど。
 
ドリコム
 
参加者は20名ほどで、まずは最初に講師の方からインフォグラフィックスなどについてレクチャーを受けました。
 

インフォグラフィックスとは

インフォグラフィックスとは、人間の認知能力に合わせて抽象化して、 特徴を理解できるものにする、であるとのことでした。
 
「なるほど!」と思って共感して、 行動が変わる・記憶に残る・人に話したくなるものだとも。
 
Code For Japan
 

Infogr.amというツール

今回のハンズオンでは、Infogr.amというツールを使いました。
 
私は初めてのInfogr.amでした。無料版と有料版のあるツールで、日本語にも対応しているので、取っつきやすかったです。
 
infogram
 

最後は作品を発表

Infogr.amを使って、準備したデータをもとにインフォグラフィックスの作品を2時間ほどでなんとか作り、最後は作品の発表でした。
 

まとめ・感想

従来のパワポと違って、縦長のシングルページなので、プロジェクタに収まらないため、止めるタイミングに困ったり、ペースがつかみづらかったり。
 
とはいえ、外部の勉強会で発表するのは良い経験になりました。