箱根のポーラ美術館のセザンヌ展を見た静物画の検証ビデオが面白かった


お昼過ぎ、箱根の強羅駅からバスに乗って、山道を上がりつつ進んでいって10分ちょっとでポーラ美術館に着きました。
 
ポーラ美術館は完全に山の中にある美術館ですが、非常にきれいな美術館でした。
 
ポーラ美術館の看板

ポーラ美術館の入り口
 

セザンヌの静物画

美術館の入り口からエスカレーターを下りていくと受付です。そこでチケットを見せて、いよいよセザンヌ展です。
 
セザンヌ展
 
セザンヌの静物画の検証ビデオが流れていました。
 
一見、机上にモチーフが無造作に置かれているようですが、形と色彩のバランスが慎重に計算されているとのこと。
 
ただし、それぞれのモチーフに注目すると、現実空間では成立しないとのこと。ビデオでは、実際にこの配置だった場合はどうなるか、果物が机から落ちる、机が転ぶ、といったことを検証していました。
 

ポストカードを購入

セザンヌ展と常設企画展を回ったあと、お土産にポストカードを購入しました。
  
セザンヌ展のポストカード
 
購入したポストカードの一つは「ラム酒の瓶のある静物」です。これはセザンヌの静物画の検証ビデオの題材になったものです。
  
ちなみに、ポーラ美術館では、誕生月の人は、受付でポストカードが1枚もらえるようでした。