国立新美術館のマグリット展で「イメージの裏切り」を見る


マグリット展を見るために六本木の国立新美術館へ。東京では13年ぶりの本格的な回顧展という触れ込みです。
 
展覧会では「空の鳥」「ゴルコンダ」「イメージの裏切り」のポストカードを購入しました。
 
ちなみに、たくさんの紳士が空に浮かぶ「ゴルコンダ」ですが、「ゴルコンダ」はダイヤモンドを産出した南インドの都市の名前です。
 
マグリット ポストカード
 

イメージの裏切り

「イメージの裏切り」は、絵のパイプの下に「これはパイプではない」と説明書きがある作品です。
 
マグリットによれば、単にパイプのイメージを描いているだけで、絵自体はパイプではないということです。
 
ぱっと見は、パイプですが、確かに、口元の部分はパイプとは成立していないので、パイプではないとも見えます。
 
この「イメージの裏切り」は、20世紀を代表する哲学者のミシェル・フーコーにも取り上げられるほどです。
 
絵の中に絵の説明文があること、パイプに似てるがパイプではないことが西洋絵画の2つの原理を覆しているとフーコーが解釈しています。
 

ルネ・マグリットとは

ルネ・マグリット(1898-1967)は、ベルギーの国民的画家で、シュルレアリスムの巨匠です。
 
中学校の美術の教科書でもマグリットの作品が載っていました。
 
マグリット展のパンフレット
 
マグリット展のパンフレットの中身
 
マグリットは日本でも人気の画家ということでもあり、私が行ったのはゴールデンウィークの午後もあって混雑していました。
  
7月からは、京都市美術館へ巡回して展覧会です。こちらも混雑することでしょう。