2013年7月、国立新美術館「貴婦人と一角獣」展でフランスの至宝が初来日

国立新美術館へ2013年7月、「貴婦人と一角獣」展を見に行ってきました。フランスの至宝が初来日となれば行くしかないと。フランスの至宝とは「貴婦人と一角獣」と呼ばれるタペスリーです。
 
貴婦人と一角獣展
 
展示会でカタログを購入。
 
ちょくちょくカタログを読み返しています。ちなみに、カタログではタペストリーではなく、タペスリーと表記されていました。
 

「貴婦人と一角獣」は6面1組

パリの国立クリュニー中世美術館の至宝「貴婦人と一角獣」は6面1組のタペスリーです。西暦1500年頃制作と言われています。本作がフランス国外に貸し出されるのは1974年のアメリカ以来で、日本では初公開でした。
 
6面のうち5面は、「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わしていますが、残る1面は「我が唯一の望み」であり、何を意味するかについては諸説あって謎になっています。
 
こちらが「我が唯一の望み」です。
 
貴婦人と一角獣 我が唯一の望み
 
こちらは「味覚」です。
 
貴婦人と一角獣 味覚
 
こちらは「視覚」です。
 
IMG_3382a
 
こちらは「触覚」です。
 
IMG_3374a
 
こちらは「聴覚」です。
 
IMG_3380a
 
こちらは「嗅覚」です。
 
IMG_3377a
 

感想

会場で実際に見てみると「貴婦人と一角獣」には感動しました。
 
6面1組の「貴婦人と一角獣」はタペスリーはそれぞれ高さが約370㎝ほど、横幅が約400㎝ほどで大きく、タペスリーの質感・色合いは気持ち高まるものでした。
 
会場内では、「貴婦人と一角獣」の6面1組のタペスリーを中心にした構成で、他には装身具などが展示されていました。
 

会場・会期・料金

会場:国立新美術館
会期:2013年4月24日(水)~7月15日(月・祝)
料金:一般1500円