サイト施策は3つのフェーズに分けると分析・改善の効果が出しやすい

サイト施策を考えるにもWebサイトの構造を理解してから考えた方が、Webサイトの分析・改善の効果が出しやすいといえます。
 
そこで、Webサイトでの目的である会員登録や商品売上までを、集客、誘導、応募の3つのフェーズに分けます。集客、誘導、応募の3つのフェーズでそれぞれサイト施策を考えるといいです。
 

集客フェーズのサイト施策

集客フェーズは、Webサイトへきてもらうフェーズです。
 
集客フェーズの指標(KPI)は、アクセス数(PV)などです。この指標が良くないときは下記の施策を強化することになります。
 
集客フェーズの主なサイト施策は、以下の通りとなります。
 

  • TVCM
  • SEO
  • LPO
  • ソーシャル活動
  • リスティング
  • アフィリエイト
  • メルマガ
  • SMS

 
集客フェーズのサイト施策は、システム開発が伴わない施策もあるので、関係部署で連携して進める必要があります。
 

誘導フェーズのサイト施策

誘導フェーズは、Webサイト内で検索や閲覧をしてもらい関心・興味をもってもらうフェーズです。
 
誘導フェーズの指標(KPI)は、表示回数をもとにしたCTRなどです。この指標が良くないときは下記の施策を強化することになります。
 
誘導フェーズの主なサイト施策は、以下の通りとなります。
 

  • UI・UX
  • デザイン
  • コンテンツ

 
誘導フェーズのサイト施策は、ユーザの心理を理解して目に留まる施策を強化することになります。
 

応募フェーズのサイト施策

応募フェーズは、詳細ページから会員登録や注文を完了させるフェーズです。
 
応募フェーズの指標(KPI)は、達成件数をもとにしたCVRなどです。この指標が良くないときは下記の施策を強化することになります。
 
応募フェーズの主なサイト施策は、以下の通りとなります。
 

  • EFO
  • コンテンツ

 
誘導フェーズのサイト施策は、キャッチコピーを訴求して、入力中に離脱しないようにする施策を強化することになります
 

まとめ・感想

サイト施策の効果を出すために、集客、誘導、応募の3つのフェーズで、それぞれアクセス数、CTR、CVRを指標としてサイト施策を検討すると実施しやすいです。
 
とはいえ、まずはアクセス数を増やすことが最優先です。