WEBサイトでは「動線」と「導線」とは違う(らしい・・・)

「動線」も「導線」も同じ読み方で「どうせん」です。サイト設計などのときに、どちらを使うか迷います。
 
調べてみると、もともとは「動線」しかなかったところ、百貨店業界で客を誘導する流れとして「導線」が使われだしたそうです。
 

動線とは

WEBサイトで「動線」とは、ユーザーが実際にWEBサイトを回遊した動き、を指します。
 
「動線」は動く線で、ユーザー側の用語といえます。
 

導線とは

WEBサイトで「導線」とは、購入・申込み等をしてもらうためにユーザーをWebサイトを導く仕掛け、を指します。
 
「導線」は導く線で、運営者側の用語といえます。
 

まとめ・感想

WEBサイトでは「動線」と「導線」がはっきりと意味合いが違った使い方になっています。
 
具体的には、事前的なサイト設計では「導線」を使い、事後的なアクセス解析では「動線」を使うのが、一般的ということでしょう。