アクセス解析の目的と限界


Webサイトの分析といえば、アクセス解析をイメージしてしまいますが、アクセス解析以外にもウェブ分析にはいろいろ含まれます。
 
ウェブ分析の代表的な内容は以下の通りです。
 

  • アクセス解析
  • 競合分析
  • 検索キーワード分析
  • 広告効果測定

ウェブ分析にはいろいろあるといっても最も重要なのはアクセス解析です。
 

アクセス解析とは

アクセス解析とは、Webサイト上のユーザの行動を調査することです。特に、Webサイトへの訪問者数や直帰率・コンバージョン率といった指標を調査します。
 
アクセス解析ツールとしてGoogleアナリティクスを導入することが多いです。Googleアナリティクスはなんといっても無料というのが大きいです。
 

アクセス解析の目的

アクセス解析の目的は、ビジネスの目標を達成するためにサイトへのアクセスを計測して改善案を提示していくことです。継続的にPDCAサイクルを回していくことが重要です。ビジネスの目標も変化していくので、アクセス解析は一度限りのものではなく、継続的に実施していきます。
 

アクセス解析の限界

但し、アクセス解析ではサイトへの訪問者数などの定量的情報は分かっても、ユーザの気持ちなどの定性的情報は分からないという限界があります。ユーザの気持ちを知りたいときはユーザヒアリングなどを行う必要があります。