A/Bテストのメリットはユーザの反応を実際見ながら決めることができること

サイト改善の手法として、A/Bテストが流行っています。A/Bテストは2012年くらいに海外の某有名雑誌に掲載されてから流行っているとのこと。
 
今では、A/Bテスト用のツール、サービスも増えています。
 
その中でも「Kaizen Platform」や「Optimizely」が有名です。
 

A/Bテストとは

A/Bテストとは、画像や文章などを複数パターン用意して、実際にユーザーに利用させてコンバージョン率などの効果を比較することで、より効果のあるデザイン等を判断して採用する手法です。
  
例えば、入力フォーム最適化であるEFOを実施するときにA案・B案を用意し、ユーザに実際に使ってもらうことで、コンバージョン率が高かったほうを選択していくのです。
 

A/Bテストのメリット

このように、A/Bテストのメリットはユーザの反応を実際見ながら決めることができることです。
 
通常、A/BテストはWebページでデザイン比較について実施されることが多いですが、A/Bテストはメルマガなどでも実施可能です。
 
ちなみに、A/Bテストは、スプリットランテストとも呼ばれます。
 

まとめ・感想

A/Bテストは、複数パターンを実際にユーザーに利用させてより効果のあるデザイン等を判断して採用する手法です。
 
Webページでデザイン比較について実施されることが多いですが、A/Bテストはメルマガなどでも実施可能です。