AARRRモデルはユーザー行動をデータドリブンするフレームワーク

ユーザー行動をデータドリブンするフレームワークに興味が湧いたので、AARRRモデルについての講演を1時間ほど聞いてきました。
 
まずは、データやユーザの声を分析して、利用者の数や質を向上させるために改善を続けることが重要という話でした。データを見て、いつごろに何をどうするかがコツ、ということでした。
 

AARRRモデルの5要素

AARRRモデルとは、データドリブン経営で重要な5つの要素の頭文字を並べたものです。
 

  • Aqcuisition:ユーザー獲得
  • Activation:ユーザー利用開始
  • Retention:ユーザーの継続利用
  • Referral:別のユーザーに紹介
  • Revenue:収益の発生

 
が5つの要素です。
 
この5つの要素でユーザー行動の変化をより詳細に分割し、それぞれでトラッキングを行うフレームワークです。例えば、初回訪問・滞在・再訪問・紹介・購入の5つの割合をトラッキングするわけです。
 
IMG_3343a
 

AARRRモデルの効果

AARRRを使ってコンバージョンをトラッキングすることで、収益の発生や新規ユーザー獲得ばかりに目が行くところから、サイト施策、商品開発やマーケティングの課題が明確になって戦略が立案・実践しやすくなるのです。
 

まとめ・感想

AARRRモデルは、データドリブン経営で重要な5つの要素の頭文字を並べたもので、この5つの要素でユーザー行動の変化をより詳細に分割し、サイト施策が立案・実践しやすくなります。