スクラムは、アジャイル開発手法で最も人気があり、「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」がおすすめ


変化に対応するアジャイル開発を取り入れる中で、圧倒的に人気のある開発手法が、スクラムです。
 

ソフトウェア開発は難しい

ソフトウェア開発が難しい理由として、成果物が目に見えない・コミュニケーションの増大などがあります。さらに、ビジネス環境の複雑さや変化の激しさも理由としてあります。
 
そこで、複雑さや変化の激しさに対応しながら生産的に価値ある成果物をつくるための開発手法として、スクラムが採用されることが多いです。
 

スクラムとは

スクラムとは、すべての作業に優先順位をつけて、優先順位の高いものから期間を区切って、プロダクトをつくっていくアジャイル開発手法の一つです。
 
スクラムでは、変化に対応しながら開発チームで協力しながら開発していき、開発していく中で開発チームの進め方も変えていきます。漸進的に学習しながら開発をすすめることになります。
 

スクラムで使われる用語

スクラムで使われる用語として、以下の用語などがあります。
 

  • プロダクトオーナー
  • スクラムマスター
  • 開発チーム
  • プロダクトバックログ
  • スプリントバックログ
  • スプリント
  • レトロスペクティブ

 

まとめ・感想

スクラムは、大手サービスでも採用実例のある開発手法で、ノウハウも書籍やネットでも多く出回っているので、採用しやすい開発手法であるとも言えるかなと思っています。
 
ちなみに私は、「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」でスクラムを学んだので、この本がおすすめです。