プロジェクトとは何か、そしてプロジェクトの難しさ

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトを管理するわけなので、そもそもプロジェクトとは何かを知っておかないといけないわけで。
 
プロジェクトマネジメントのグローバルスタンダードであるPMBOK(第3版)では、「プロジェクトとは、独自の製品、サービス、所産を創造するために実施される有期性の業務である。」としています。
 

プロジェクトの特徴

PMBOKの定義をもとにして一般的によく挙げられるプロジェクトの特徴は以下の通りです。
 

  • 有期性
  • 独自性
  • 段階的詳細化
  • 複数人

 
有期性とは、プロジェクトには「開始」から「終了」の期間が決められているということです。プロジェクトごとに決められた期間が異なるのが普通です。
 
独自性とは、繰り返しではない初めてのアウトプットを産み出すことです。繰り返しではない以上、以前の経験を当てはめただけでは達成できないのが普通です。
 
段階的詳細化とは、プロジェクトの進行で理解が得られるにしたがって詳細定義することです。繰り返しではない以上、プロジェクトの初期段階ですべて業務を詳細定義することは不可能なのが普通です。
 
複数人とは、プロジェクトには様々な役割のメンバが多数参画していることです。さらに、プロジェクトごとにメンバが交替するのが普通です。
 

プロジェクトの難しさ

これらの特徴からもわかるように、プロジェクトは、初めてのアウトプットを決められた期間の中で様々な役割のメンバが協力して作り出さなければならない難易度の高いものなのです。
 
そのため、直近のプロジェクトがうまくいったからといって、直近のプロジェクトで用いた管理手法をそのまま適用してもプロジェクトが失敗しまうのです。
 

まとめ・感想

プロジェクトマネジメントは細心の注意をもって臨機応変に対応していくことが必要となるので、アジャイル開発が注目を集めています。